FX自動トレードを探求するブログ

oandapy解説|get_candles() ローソク足の取得

定義

get_candles( instrument,granularity=’S5′,count =500,
from_date=None, to_date=None, smooth=False,
includeFirst=True, dailyAlignment=17, alignmentTimezone=’America/New_York’,
weeklyAlignment=’Friday’ )

引数

引数必須説明
instrumentstr商品。ここでいう商品とは通貨ペアのことを指す。
2つの通貨はアンダースコア(“_”)で区切る。
例:ドル円の場合は”USD_JPY”と指定。
granularitystr ローソク足の粒度(時間フレーム)[default=S5]
countintローソク足の数[default=500, maximum=5000]
from_date str 開始日時。 RFC 3339形式または
UNIX時間(エポック秒)で指定。
to_date str 終了日時。RFC 3339形式または
UNIX時間(エポック秒)で指定。 
smoothbool ローソク足の平滑化フラグ。平滑化されたローソク足は前のキャンドルの終値を始値として使用する。 [default=False]
includeFirstbool 開始時刻の対象となっているローソク足を結果に含めるかどうかを制御するフラグ。このフラグを使用すると、最後に受信したローソク足のタイムスタンプを使用して将来のローソク足をポーリングすることができますが、前のローソク足を繰り返し受信することは避けることができる。 [default=True]
dailyAlignmentint 毎日の調整がある細分性に使用する(指定されたタイムゾーン内の)1日の時間。 [default=17, minimum=0, maximum=23]
alignmentTimezonestr dailyAlignmentに使用するタイムゾーン。毎日の配置を持つローソク足は、alignmentTimezone内のdailyAlignment時間に配置される。返される時間はUTCで表される。 [default=America/New_York]
weeklyAlignmentstr 曜日は、週単位で調整される細分性に使用される。
[default=Friday]

granularity

説明
S55 second candlesticks, minute alignment
S1010 second candlesticks, minute alignment
S1515 second candlesticks, minute alignment
S3030 second candlesticks, minute alignment
M11 minute candlesticks, minute alignment
M22 minute candlesticks, hour alignment
M44 minute candlesticks, hour alignment
M55 minute candlesticks, hour alignment
M1010 minute candlesticks, hour alignment
M1515 minute candlesticks, hour alignment
M3030 minute candlesticks, hour alignment
H11 hour candlesticks, hour alignment
H22 hour candlesticks, day alignment
H33 hour candlesticks, day alignment
H44 hour candlesticks, day alignment
H66 hour candlesticks, day alignment
H88 hour candlesticks, day alignment
H1212 hour candlesticks, day alignment
D1 day candlesticks, day alignment
W1 week candlesticks, aligned to start of week
M1 month candlesticks, aligned to first day of the month

概要

ローソク足を取得します

復帰値

ローソク足のオブジェクトを返却します

サンプルコード

API_KEY='XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'

# APIへ接続
con = oanda.APIv20(environment="live", access_token=API_KEY)
response = con.instrument.get_candles("USD_JPY")
candles=response.raw.json()
print(candles)

参照

OANDAのAPIの仕様は以下を参照してください。

http://developer.oanda.com/rest-live-v20/instrument-ep/

Comments are closed.