検索トレンド予想

政治

検索トレンドでみる慰安婦問題

こんにちは。

2014年8月5日の朝日新聞「特集:慰安婦問題を考える」の掲載以来、朝日新聞は大きな世論からの非難を浴びることになった。

ネットはもちろん、新聞や雑誌などのメディアでは朝日新聞の大誤報(捏造?)を報じるなど、大きな関心を集めている。

朝日新聞がどうしてこのようなタイミングで、自らの慰安婦問題に関わる報道を検証する「特集」を出すことになったのかはよくわからないが、今回、注目を浴びることになった4人の人物について検索ボリュームをみてみよう。

  • 木村伊量氏

朝日新聞社代表取締役社長

  • 吉田清治氏

作家。自著『私の戦争犯罪』で、戦時中に朝鮮人女性を慰安婦にするために軍令で強制連行をしたと告白証言(後に日本と韓国の追跡調査から創作であることが判明)

  • 植村隆氏

北星学園大学非常勤講師、元新聞記者。
1991年に吉田証言報道とともにいわゆる慰安婦問題に関わる最初期の報道に携わった人物。

  • 福島瑞穂氏(趙春花)

 慰安婦問題で忘れてならないのは日本政府を相手取った慰安婦による賠償訴訟で弁護団の一員だった福島瑞穂氏。
 後に国政に転じ、社民党代表となった。
 1991年1月に代表発起人として「『従軍慰安婦』問題を考える会」を発足させ、関係者から慰安婦についての聞き取りを行なっ ていた。

木村伊量,植村隆,吉田清治,福島瑞穂