検索トレンド予想

カロライナ・ビーチ試験救難機

WRIGHTSVILLEビーチ、N.C.(WTHR)-過去3カ月Wrightsvilleビーチ消防隊員は、海水浴場の救助での無人機の使用を試験的に行ってきました。 同庁は、ドローンには応答時間を減少させる従来の監視員と苦痛の選手にできるかどうかを確認したいと考えています。 ドローンは上から海を監視できるように、カメラでのスキャンによる捜索及び救助に役立ち、浮遊装置をロープで安全に抜き取られるであろう人の水泳選手にならないだろうか。 新しいツールは、監視員に代わって使用されることはないと言います。 Wrightsvilleビーチ消防局のサム・Profitt氏は、「現在の技術に勝る監視員は何ですか。それは水死が起きないようにナンバーワンになろうとしていると、彼らは仕事をされていないとき、統計は、われわれが見ているのを補助または救済を提供するリソースであることを明らかに示している。

Carolina beach testing rescue drones

WRIGHTSVILLE BEACH, N.C. (WTHR) – For the past three months, the Wrightsville Beach Fire Department has been testing the use of drones in beach rescues. The fire department wants to see if the drones can decrease response times to help a swimmer in distress versus a traditional lifeguard. The drone would help monitor seas from above, assist in search and rescue by scanning down with a camera and drop a flotation device down to the swimmer who would be pulled to safety by a rope. Officials say the new tool will not be used to replace lifeguards.
Read more…

Comments are closed.