検索トレンド予想

マーク・ハミル・キャリー・フィッシャーず最終的な『スター・ウォーズ』映画は『ほろ苦い」撮影という。

MARK HAMILLはキャリー・フィッシャーず最終的な『スター・ウォーズ』映画に直面して「甘酸っぱい」であると述べている。 66歳になる俳優はエピソードIXにおいて、ルーク・スカイウォーカー役を再演することに設定され、60年に2016歳で死去、Fisherの未公開映像も使用される。 ハミルキャプションでありFisherのソーシャルメディア上の2の画像を共有している:「恋するMemoryのお姫様キャリー・フィッシャーの。」 彼はこう書いている。「ほろ苦いですなしの最終章を迎え、彼女は単に取り替えることができない。 「私は彼女がBEに置き換えるわけではないという事実に慰めを見出すことだ」と述べた。 映画監督のJJエイブラムス戦車は、先週発表したフィッシャーは最新作「満足できる結末」に次の『スター・ウォーズ』映画になるだろうと述べた。レイア姫の俳優の場面は、2015年の『スター・ウォーズ』の撮影:フォースの覚醒」はスペースオペラのスターに第9金属膜が用いられるであろう。

Mark Hamill says filming final Star Wars film without Carrie Fisher was ‘bittersweet’

MARK HAMILL has said it is “bittersweet” facing his final Star Wars film without Carrie Fisher. The actor, 66, is set to reprise the role of Luke Skywalker in Episode IX and unreleased footage of Fisher, who died in 2016 at 60, will also be used. Hamill shared two images on social media of himself and Fisher with the caption: “In Loving Memory of our princess Carrie Fisher.” He wrote: “It’s bittersweet facing my final chapter without her, she is simply irreplaceable. “I’m finding solace in the fact that she won’t BE replaced.
Read more…

Comments are closed.