検索トレンド予想

スターバックスは、人種差別的な事件が開いたトイレの政策を採用した。

STATENアイランド,NY:スターバックスはフィラデルフィア、ペンシルベニア州における最近の人種の事件を受けて民衆の抗議の新たな開放型トイレ政策を打ち出している。

新政策は、スターバックスのルームにアクセスするすべてのユーザーは、購入を行っているかどうかは関係ありません。

4月21日に1人の男がバスルームの使用を拒絶された後、アフリカ系米国人男性2人、フィラデルフィアにあるスターバックスで逮捕された。

次いで男性は、スターバックスで座って商談を待って、ストアマネージャ911は拒否した男性について報告しています。

数分後、2人の男は家宅侵入で逮捕された。

事件発生以来、同社は正式に携わっていた2名、Rashon Nelson and Donte Robinsonに謝罪しました。

また、スターバックスは、人種偏見について従業員を教育する5月29日午後、米国に8,000以上の店舗を閉鎖すると発表した。

Starbucks adopts open-bathroom policy following racial incident

STATEN ISLAND, N.Y. — Starbucks has announced a new open-bathroom policy in response to public outcry following a recent racial incident in Philadelphia, Penn. The new policy will allow all people access to Starbucks bathrooms, regardless of whether or not they have made a purchase. On April 21, two African-American men were arrested at a Starbucks in Philadelphia after one of the men was denied use of the bathroom. The men then sat down within the Starbucks, awaiting a business meeting, as the store manager called 911 to report the men for refusing to leave.
Read more…

Comments are closed.