検索トレンド予想

ロシア初の電子兵士無人機は

ドローンは自分自身を繰り返します。最初のスカウト、その後武器。武装工作員への管理プラットフォームから移行していないすべてのドローン、プレデターから単純な玩具クワッドコプターに至るまで、すべてを装備は従来のセンサパッケージに追加されると、新たな用途が見出されているので、ロシアKorsarサーベイランスドローン、モスクワで優勝パレードの一環として武装を発売したことがあります。では、兵器、爆発物のペイロードがありません。かわりに、Korsar電子兵器スイートが追加されます。

Russia debuts electronic warfighter drone

Drones repeat themselves, first as scouts, and later as weapons. While not all drones have made the transition from surveillance platform to armed agent, everything from the Predator to simple toy quadcopters have found new utility when armament is added to a traditional sensor package. So it will be for Russia’s Korsar surveillence drone, which debuted an armed variant as part of the annual victory parade in Moscow. Only here, the armament won’t be the traditional payload of explosives. Instead, the Korsar is adding an electronics weapons suite.
Read more…

Comments are closed.