検索トレンド予想

2月、イランのドローンShotダウン攻撃ユダヤ国家のArmedでした

2月10日イスラエル軍の空間を貫いたイラン軍の無人機が爆弾で武装したユダヤ人国家の標的に直接攻撃を受けて、イスラエル軍による。

IDFは中国が初めて成功した機体の分析後に声明を政府高官は「イランのUAV(無人飛行体)が爆発物を持って突きつけたとイスラエルを攻撃する任務を負ったという結論に達した」と述べた。

ラッパを鳴らし始めて、「戦闘ヘリコプターイランはイスラエルで実施することを狙っていた攻撃を防止する。

「無人機は、イスラエルの防衛システム破壊までによって特定され、追跡され、脅迫行為(中略)不良を効率的に排除した」イスラエルは言った。

イスラエル人はTiyas空軍基地も4航空基地として知られてから離陸する飛行体を追跡し、イスラエルの領土に入国しました。引き続き、塩基対イラン攻撃の報復としてイスラエルの戦闘機パイロットに感銘を受けましたし、再び攻撃されている。

Iranian Drone Shot Down in February was Armed for Attack on Jewish State

The Iranian military drone that penetrated Israeli air space on February 10 was armed with explosives and headed for a direct attack on a target in the Jewish State, according to the IDF. The IDF said in a statement that after an analysis of the drone after its interception that officials “concluded that the Iranian UAV (unmanned aerial vehicle) was armed with explosives and was tasked to attack Israel.” By shooting it down, “combat helicopters prevented the attack Iran had hoped to carry out in Israel.
Read more…

Comments are closed.