検索トレンド予想

GoogleのLarry Page、エアハイヤーとして承認された2人の平面の無人ハイブリッドされるだろう

キティ・ホークにはGoogleの共同ファウンダー、Larry Pageが資金の空飛ぶ車はニュージーランドでの自律的な乗客の無人システムを立ち上げるために必要とされる規制承認プロセスを開始します。

同社の2人、コーラと呼ばれる無人機のように垂直に離陸できる12のロータ面の無人ハイブリッドであるが、当時、プロペラを使用して時約62マイル(毎時110マイルで飛べる。オール電化Coraは地上で最大914メートル(3,000ft)を自律的に飛行し、11メートルの翼を持つ、または、8年ぶりのことだ。

Google’s Larry Page is getting a two person plane drone hybrid approved as an air taxi

Kitty Hawk is a flying car funded by Google co-founder Larry Page and it will begin the regulatory approval process required for launching its autonomous passenger-drone system in New Zealand. The firm’s two-person craft, called Cora, is a 12-rotor plane-drone hybrid that can take off vertically like a drone, but then uses a propeller at the back to fly at up to 110 miles an hour for around 62 miles at a time. The all-electric Cora flies autonomously up to 914 meters (3,000ft) above ground, has a wingspan of 11 meters, and has been eight years in the making.
Read more…

Comments are closed.