検索トレンド予想

米国の無人機による攻撃はDonbas、クリミアを偵察飛行

米空軍のRQ4(B)グローバルホーク無人偵察機の導入はDonbasにおける接触ラインに沿って飛行し、クリミア半島の海岸や2018年2月11日ロシアのクラスノダール地方付近、西側の航空機のモニタリングデータによる。

UAVは、4時間以上かけてDonbasにおける接触ラインに沿って状況を監視し、ウクライナ当局によって規定された領空内。

12.00時頃、航空会社のサイトによると、無人偵察機が黒海へ向かったと南西や南海岸沿いの半島最西端の島で、ロシアのクラスノダール地方からソチまで少なくとも4スパンを作った。

米国のドローンは、15,000m以上の高度で、速度約600km/hであった。

US drone makes reconnaissance flight over Donbas, Crimea

A RQ-4B Global Hawk unmanned aircraft of the U.S. Air Force made a reconnaissance flight along the contact line in Donbas, near the coast of occupied Crimea and the Krasnodar Krai of Russia on February 11, 2018, according to the monitoring data of Western aviation sites. The UAV spent more than four hours surveilling the situation along the contact line in Donbas, while in the airspace controlled by the Ukrainian authorities. At around 12.
Read more…

Comments are closed.