検索トレンド予想

パキスタンのタリバーン政権は、米国の無人機攻撃で首席副委員長が死亡が確認された。

パキスタン・タリバンの副議長が北西部部族地域での米国の無人機攻撃で死亡したと報道されたことが確認された。

グループの主なハリド・メスード師、コマンダSajnaとして知られており、この攻撃は北ワズィーリスターンでGorwak国境の村では10日(現地時間)の空爆で死亡したが、武装勢力の本拠地だった。

シャッドパキスタンの広報、アザム・タリク・メスード師は、イスラム教のノア・ワリ、別将は現在グループの副室長に起用された。

タリクさんは知事はムラー・ファズルッラー、アフガニスタンに身を潜めていると考えられているパキスタン人のタリバンの指導者の支援を享受している」と述べた。

パキスタン当局者はこれより先、Sajna殺害について米国の攻撃という未確認情報を報告した。

パキスタン政府は、無人機による攻撃に反対するパキスタンの主権を侵害すると主張している。

Pakistani Taliban confirms deputy leader killed in US drone strike

The Pakistani Taliban’s deputy leader was killed in a recent US drone strike in the north-western tribal region, a spokesman has confirmed. The group’s deputy chief, Khalid Mehsud, also known as Commander Sajna, died in last Thursday’s strike in the border village of Gorwak in North Waziristan, once a stronghold of the militants. Azam Tariq Mehsud, a spokesman for the Tehrik-e-Taliban Pakistan, said another commander, Mufti Noor Wali, has now been appointed as the group’s deputy chief.
Read more…

Comments are closed.