検索トレンド予想

ドイツの2兄弟は自分で湯船からドローンを作ってそれで飛ぶ

これは遠隔制御だと一般的なドローンと同じテクノロジを使用します。

2人はパイロットで体育館の中を飛んだ。

彼らは、ドイツ政府が建設する許可を必要とします。浴槽は30メートル未満の高さは、プロジェクトが承認された理由で飛行しなければならない。

フォン・ヒッペル兄弟はソーシャルメディアのリアルライフ・ガイズ』として知られている。彼らは2017年の夏に飛んで浴槽に取り組み始めました。

プロペラは、安定して飛ぶように必要なソースに2カ月を要した。

他の企業は、プロジェクトのスポンサーを務めることで、兄弟を助けた。

これまで浴槽は屋内で流すだけであった。兄弟は将来的にもよいと思っています。

2 German brothers made a drone out of their bathtub and flew around in it

It’s remote-controlled and uses the same technology as common drones. The brothers flew it around in a gym with a pilot inside. They needed permission from the German government to build it. The bathtub has to be flown at a height lower than 30 metres, which is why the project was approved. The brothers are also known as The Real Life Guys on social media. They started working on the flying bathtub in the summer of 2017. It took 2 months to source the right propellers, which were necessary to make it fly stably. Other companies helped the brothers by sponsoring the project.
Read more…

Comments are closed.