検索トレンド予想

19回のスターバックスの名は大いに間違っていた

別に、パーソナライズされたカップ状がスターバックスでキャラメルマキアートまたはジンジャーブレッドラテに相当する金額ではありませんが、この時期のクリスマスツリーの赤いカップだけでなくが無い!

しかし彼らはいつも名がありません。

コーヒーマシンの大きなホイール、耳がよく聞こえませんがバリスタまたは意図的なごまかしは笑わせるためにも、スターバックスで永遠に綴り方です、名前が正しくありません。

そして彼らはその華々しいスタートを間違って取得する回数です。

理由が何であれ、スターバックスは長年にわたっていくつかの典型的なミスをした。

ハリーのPehrryから、名前にはもはや認識できないので間違えませ、スペルト-ここで史上最大のスターバックスの故障である。

スターバックスがクリスマスツリーの飲み物を恐れながらすでにですね、こちらは裏メニューにクリスマス後に注文します。

スターバックスのコーヒーの金額を払ってる?ドライバーがサービスステーションでのコーヒーのために5ポンド以上充電されている。

19 times Starbucks got names spectacularly wrong

THERE’S nothing quite like the personalised cup you get with your caramel macchiato or gingerbread latte at Starbucks, not to mention the festive red cups at this time of year. But they don’t always get the names right. Whether it’s due to the loud whirr of the coffee machine, a barista that’s hard of hearing or a deliberate ploy to make customers laugh, Starbucks are forever spelling people’s names incorrectly. And then there’s the times they get them spectacularly wrong. Whatever the reason, Starbucks has made some classic mistakes over the years.
Read more…

Comments are closed.