検索トレンド予想

スター・ウォーズ:スペースの中で最後のジェダイWillのホワイトボード画面

経験されるIMAX、Atmos、およびDolbyビジョンを見て映画『スター・ウォーズ』を最大化する最適な方法についての議論はすべてフォーマットに比べて吸い込む「星のうちリテラリ」。

それは国際宇宙ステーションの乗組員はすぐに映画を観ることです。ニュースはまずTwitterにRobinセーマンガルによって報告された。

NASAは、io9へ情報を確認し、フィルム、英語表記も、ISSは英語とロシア語の両方を話す乗員すべてとなるだろう」と述べた。

テレドエスはこのスクリーニングが行われるときに時刻表がありませんが、NASAのダン・ハウトは、逆に言った。「彼らは典型的にデジタルファイルとしてムービーをラップトップや現在搭載される標準プロジェクタ上で再生できる」と話した。

今はただのスポイラーを放送しないことを祈りましょう。

Star Wars: The Last Jedi Will Screen in Space

Argue all you want about the best way to maximize your Star Wars movie viewing experience—IMAX, Atmos, and Dolby Vision all suck compared to the format “Literally Among the Stars.” That’s where crew members of the International Space Station will watch the film soon. The news was first reported by Robin Seemangal on Twitter. NASA confirmed the information to io9 and said that the film will be shown in English, as all crew members aboard the ISS speak both English and Russian.
Read more…

Comments are closed.