検索トレンド予想

ネヴィス副首相の自宅近くの「無人機事件」の検討

セントクリストファー・ネイビスの警察は無人機による自宅付近で覆った島の副首相の妻が作ってくれたレポートを調べた。

夫マークはセントクリストファー・ネビスだった。国会でも外務部長官が、シャロン・ブラントリーはモントピーリアのプロパティで無人機を見つけた後、警察に話した。

警察はその事件を調査し始めたと、米国民のマシュー・マクミランは尋問のために保持した。

彼は後に釈放された。

ロイヤル・セントクリストファー・ネーヴィス警察隊からの声明は「警察がネヴィスの市民や住民などからの嫌がらせの嫌がらせや脅迫のすべての報告を重く受け止めてまいりたいと思います」。

「警察は、従って、特に無人の事業者、国民に問う、責任ある行動を取るための国民・住民の安心・安全が維持されるようにする。

‘Drone incident’ near Nevis Deputy Premier’s house investigated

Police in Nevis have investigated a report made by the wife of the island’s deputy premier that a drone was covering near their home. Sharon Brantley, whose husband Mark is also foreign affairs minister in the St Kitts and Nevis National Assembly, spoke to police after she spotted an unmanned drone while at the property in Montpelier. Officers began to look into the matter and Matthew MacMillan, a US citizen, was held for questioning. He was later released.
Read more…

Comments are closed.