検索トレンド予想

火炎をスローして無人機が実際に役立つ

襄陽(中国チームは、火炎放射の無人機を使った高圧電力線からデブリを除去することである。これらの行はもちろん、金属からなっていて、炎の熱に影響されない。線の任意の種類のデブリは、シンダ(cinder)、ほんの数秒のうちに真っ黒焦げになります。これは、すべての高電圧線に近いついていくつかの種類のヒトの送信よりもかなり安全である。

ハッカダイでここ何年にもわたって、私たちは人々が奇妙なものをドローンに取り付けました。皆様の実噴射ピストルでドローンを思い出すことができる。それは、巨大な火炎で飛んいかが~?(・∀・)ィィ七面鳥を調理しようとしました。ボトルロケットを打ち上げる無人機を忘れないようにしましょう。[Caleb Kraft]AR Drone年前からハッキングについて取材した人のドローンでEstesロケットを入れると述べた。これらはいずれも非常に危険がないとほとんど役に立たないため、この新しい電源オフの無人機は初めて見た例外かもしれない。

Flame Throwing Drone is Actually Useful

A team in Xiangyang, China is using a flame-throwing drone to clear debris from high voltage power lines. These lines are made of metal of course, and are impervious to the high heat of the flames. Any type debris that gets on the lines will be charred to a cinder in just a few seconds. This is all is quite a bit safer than sending a human with some type stick up there near the high voltage lines. Over the years here at Hackaday, we’ve seen people attach some strange things to drones. We can all recall the drone with a real firing pistol.
Read more…

Comments are closed.